惚れて通えば千里も一里

「自分の子どもに着せたい服を作ろう」から「世の中に必要とされる会社」へ。
柔道・水泳・卓球など、様々なスポーツを支援し、オリンピック選手を送りだしているミキハウス。
「子ども文化」という夢を提供する企業としての成長を、創業社長の木村皓一の語り起こしでまとめた初のビジネス書。