オツベルと象 虔十公園林

1985年公開の劇場用アニメ「銀河鉄道の夜」で話題となった、ますむらひろし氏の描く美しいコミックスで宮沢賢治の名作が楽しめる大人にもおすすめの作品です。
「オツベルと象」ふらりとやってきた白象を、いいようにこきつかうオツベル。ところがある日、その報いが怒涛のようにおしよせた!神の使いのようでもある白象と、人間の強欲さがからみあう、ドラマチックな賢治の代表作のひとつ!「虔十公園林」知的障害を持つ主人公:虔十が、もくもくと植えた700本の杉の木の林。そこはやがて子供の遊び場となり、時がたち町が変貌した後も、変わらずずっとそこにあり続けた。無垢な魂が残した林は、後々の人々にまで、深いやすらぎと本当の賢さを教えていく。