【ジェイコブス】ジャックと豆のつる

『ジャックは、市場に牛を売りに行く途中、へんてこりんなじいさんにあいます。じいさんに進められるままに、牛を豆粒5つととりかえてしまいます。おっかさんが怒って家の外に投げた豆粒は、次の朝 天に届くほど伸びていました。ジャックがつるをどんどん上がっていくと、そこには人食い鬼の家がありました・・・。』天まで届く豆のつるを登ると、ハラハラドキドキの冒険が始まります。声を出して読むのに最適な、リズム感のある文体です。