【アンデルセン】はだかの王さま

『あるところにおしゃれが大好きな王様がいました。一時間おきに着替えをし、服のためならいくらでもお金を使います。ある日、二人組みが町に現れ、賢い人にしか見えない不思議な布を作るとふれこみます。王様はさっそく布を作らせたことにしたのですが・・・。』「賢い人にしか見えない服」を着た王様。だけど何かおかしいぞ?やわらかな絵にのせて贈る、シニカルで愉快な物語。