【ペロー】長ぐつをはいたねこ

「ご主人様、長ぐつを一足あつらえてください。」たった一匹のねこしか財産にもらえなかった粉屋の3人兄弟の末っ子に、そのねこは言いました。ねこは長ぐつをはくと、2本足で歩き出し、一文無しの主人のためにつぎつぎと計略をかさねます!まさにこの長ぐつがねこに不思議なパワーを持たせるのです!!人食い鬼をやっつけ、ついにはお姫様と結婚!?続きは読んでからのお楽しみです。粉屋の末息子が堂々たる侯爵に変わるまでの痛快なストーリーを、爽やかな南仏をイメージした絵で描いているのもこの絵本の魅力!