狼森と笊森、盗森

「ここへ畑を起こしてもいいかあ」
「いいぞう」
森が一斉にこたえました。人が自然の声にちゃんと耳をすまし、礼儀をつくしていた時代。
人と自然の中は、豊かで暖かくユーモアに満ちたものだった・・・。

現代こそ見つめなおすべき、賢治が提示した人と自然との関係を、片山健が力強く暖かく描ききった渾身作!