蛙のゴム靴

『「どうも実に立派だね。だんだんぺネタ形になるね。」「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」-などと話ながら、なかよく雲見をしていた三匹の蛙たちが、その後、人間界で流行るというゴム靴をめぐって、どんなことになったか・・・・。』

どこまでもみずみずしく、そして、どこかおかし味が醸し出される宮沢賢治の蛙たちの話を、松成真理子がいきいきと、味わい深く鮮やかに水彩画で描いた作品。