寓話 洞熊学校を卒業した三人

>赤い手長の蜘蛛と、銀色のなめくじと顔を洗ったことのない狸が、洞熊学校で習ったことは?
そのあげくに、三人がたどった道は?
競争とだまし合いに明け暮れるおろかな者たちのそばで、蒼い眼の蜂たちは、せっせと実直に蜜を集めていた・・・。
三人がそれぞれのやり方で、それなりに必死で、各々みんな一番になろうと一生けん命競争した様子を大島妙子がいきいきと、ユーモラスに水彩画で描いた作品。