なめとこ山の熊

【教科書掲載絵本】

「熊、おれはてまえを憎くて殺したのではねえんだぞ。・・・」
職にありつけず、熊を撃つしか家族を養う道がなかった小十郎の心を描きながら、自然と人とが生命をやりとりする場所で、やるせない淋しさの中、静かによりそい、結びあう。
「あらしのよるに」のあべ弘士が賢治と真剣対峙して描いた渾身の絵本です。