コラム一覧

  • 読み聞かせのコツ~いろいろな楽しみ方があっていい

    No Post Thumbnail

    一番のコツは親が楽しむこと 親が楽しまないと子どもも本を好きになりません。親が読むから子どもも本を身近に感じるようになるのです。苦手意識のある人は、自分の好き

    執筆者
    はまキッズ 白石先生
  • 絵本の種類別 上手な取り入れ方(その2)

    No Post Thumbnail

    3歳ごろから だんだんストーリーが楽しめるようになってくるのが3歳ごろです。 定番絵本 オーソドックスシリーズ 定番絵本(昔話)のいいところは、聞く機

    執筆者
    はまキッズ 白石先生
  • できるだけ多く、絵本に触れる機会を

    No Post Thumbnail

    絵本を読む子はここがちがう たくさんの子どもに接していると、絵本を読んでもらっている子とそうでない子の語彙力の差を如実に感じます。子ども相手のときは、語彙に関

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 絵本の種類別 上手な取り入れ方(その1)

    No Post Thumbnail

    2歳ごろまで 一般的に市販の0,1,2の絵本と3歳からの絵本は大きく変わってきます。 2歳までの子どもは世界観が狭いので、みたことのある食べ物、乗り物、動物

    執筆者
    はまキッズ 白石先生
  • 家族の思い出によりそう絵本

    No Post Thumbnail

    絵本は、大人もそのものを楽しめますし、子どもの反応を見るとまた違った喜びをもたらしてくれます。昔読んだ本を2代で共有できたり、自分も子どもの頃の気持ちを思い出す

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 絵本の効果~言語能力をうまく伸ばすために幼少期に心がけたいこと

    No Post Thumbnail

    多く幼児期の子どもに接していると、言葉数が多い子と少ない子がいて、日ごろから本に触れていることが重要なのだと感じます。本に多く触れている子どもは、日常会話におけ

    執筆者
    はまキッズ 白石先生
  • 本好きにする読み聞かせの工夫~本を一生の趣味に

    No Post Thumbnail

    絵本(知識)と行動・愛情は1セット 子どもの反応は素直でかわいいですね。目を丸くしたり、にこにこ聞いていたり、時にはこわがったり。話に入り込んでいる様子はとて

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 絵本を靴のように

    No Post Thumbnail

    這えば立て、立てば歩めの親心と言いますが、這う前から、いや、きっと生まれる前から、どんな靴を履かせようかと悩んだのではありませんか。 すぐに履けなくなって

    執筆者
    浜学園国語科 寺井先生
  • 絵本の選び方

    No Post Thumbnail

    年齢を考慮して選ぶ 赤ちゃん向けのものは、単純で興味をひく内容になっています。しかけ絵本も多くありますので導入に適しています。 まだ字がわからない年少の

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 将来を見据えた教育の土台としての絵本

    No Post Thumbnail

    語いの獲得 人間はまとまって行動する社会的な動物です。そのためには意思を伝え合う必要があり、伝達ツールとしての語いの獲得が必須です。 絵本は文章ではなく

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 読み聞かせのコツ 一問一答

    No Post Thumbnail

    毎日の読み聞かせ、できたら上手に読んであげたいものですね。色々な情報があふれている中、絵本を通しての接し方についても、「もしかしてこういう読み方よくないのかな?

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
  • 愛情を伝えるツールとしての絵本

    No Post Thumbnail

    絵本は小さい子どもがはじめてふれる本と言えます。絵が主体で子どもにイメージしやすいような色も刺激が少ないものでできています。 親を必要とする年齢の子どもは

    執筆者
    はまキッズ 青木先生
Page 2 of 3123